中学の勉強で成績を上げる方法を知りたい方へ

ある勉強法を実行したことで、
成績がグングン上がりました!

 

 

娘は、毎日3時間も勉強しているのに
苦手な教科は30〜40点を行ったり来たり。

 

 

ところが、ハードな部活動をこなし
夏休みも練習に明け暮れている
娘の友達は、
全ての教科で最低80点は取れています

 

 

二人の勉強時間を比べてみても
圧倒的に娘の方が、
机に向かっている時間が多い事は明らかなのに
どうしてこんなに、
成績に差が出るのでしょうか?!

 

 

今になって分かる事は
娘の勉強法は、間違っていた!
という事です。

 

 

恐らく、

 

 

 

一日2時間以上勉強をしているのに
成績が思うように上がらない・・・


 

 

と悩んでいる子供の8割程度は、
間違った勉強のやり方で
無駄な時間を過ごしているのです。

 

 

ですが、価値のある勉強法を実行すれば
グングンと理解力が深まり
定期考査の結果に、反映されます。

 

 

ここでは、短時間で効率よく学力を上げる方法を

お伝えします。辛い勉強は、今日で終わりにしましょう!

 

教科別に実行すべき勉強法とは?!

国語

全ての強化の基本となる国語。

日本語なのに、成績が伸びないのは
「漢字」「熟語」「文法」「読み取り」
など、カテゴライズして勉強するからです。

 

 

ですが、これでは成績はアップしません。
国語で最も大切な事は
もっと根本的なところにありました!

 

国語の成績が上がる方法はこちら

 

 

社会

ひたすら暗記!

暗記の科目といえば、社会です。

 

 

社会ならではの語句は
ある方法で、飛躍的に暗記量がアップします!

 

 

社会の成績が上がる方法はこちら

 

 

数学

基本を押さえ、

応用力を養う必要があると
考えられるのが、数学です。

 

 

ですが、数学は暗記の科目。
多くの問題に、どんどん出会うべきなのです。

 

 

もちろん、
ただ数をこなせば良いわけでは
ありません。

 

 

効率を考えて問題を解けば
少ない時間で、
数学の理解度を深められます。

 

数学の成績が上がる方法はこちら

 

 

理科

生物、化学、地学など

分野が分かれる理科も
ほとんど、暗記が勝負の科目

 

 

例えば、
「物理は大量の問題を解く」
という効果的な勉強法があるように
地学や生物など
他の分野にも、細かな勉強法が存在します。

 

 

理科の成績が上がる方法はこちら

 

 

英語

英語の勉強法で大切なのは

ズバリ、音読!

 

 

ですが、音読だけ行っても
文章の意味が分からなければ
点を取りに行けません。

 

 

日本語に訳すポイントさえ抑えれば
英語の学力は、どんどん向上します!

 

英語の成績が上がる方法はこちら

 

 

副教科

副教科も、疎かに出来ません。

5教科に集中してしまい、
副教科の対策が
後手後手になる子供が
とても多いようです。

 

 

副教科の定期考査対策で
最も重要な事は
「先生がテストを作る時の考え方」
これさえ知る事が出来れば
時間をかけずに、対策を取れます!

 

副教科の成績が上がる方法はこちら

 

対策を行う前に、問題がある場合

 

 

 

「そもそも、勉強が苦手!」


このような子供は、上記のような
成績が上がる方法を行っても
思うように成績は伸びません。

 

 

実際に、私の娘がその状態でした。
ポイントを絞って暗記をすれば良いのですが
その暗記そのものが苦手。

 

 

というよりも・・・
最初の状態をお伝えしますと

 

  • 勉強に対し、やる気がない
  • 計画が立てられない
  • 計画倒れになる
  • 時間ばかりダラダラと過ぎていく
  • 結果を出せない

 

 

このような負のループに
陥っていたように思います。

 

 

このような状態の場合は
特に道山先生のメール講座
救ってくれると思います。

 

 

私の娘も、道山先生のお蔭で
成績が上がるキッカケとなったからです。

 

 

暗記が苦手であったり
やる気が無い子供、
計画が立てられない子供は
まずメール講座を受けてみてください。

 

 

やる気スイッチが入るはずです!

 

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

【このページを読んだ人は次のページも読んでいます】

 

中1の勉強法のまとめ

 

中2の勉強法のまとめ

 

中3の勉強法のまとめ

子供の勉強の成績が上がる方法<<驚きました!!>>記事一覧

国語が苦手だった娘も、これで成績が上がりました国語は、日本語。なのに定期テストの問題が解けない。問題の意味が分からない。日本語なのに、なんでだろう?と、当時の娘は思っていたそうです。同時に、国語の勉強の仕方が全く分からない!という悩みも抱えていました。国語は、他の教科より点数を取り辛い教科だといえます。ですが、今から80点を狙う事は充分に可能です。国語の点数をアップさせる方法について、公開します。...

社会はポイントをおさえた繰り返しがポイント!暗記科目といえば真っ先に思い浮かぶ「社会」地理、歴史、公民という分野ごとのポイントをおさえ、繰り返し繰り返し問題を解くこと。何度、問題を解いたかで成績の上がり具合が変わります!2回より3回、3回より4回。やればやるだけ成績が上がるのが社会の特性なのです!ここでは、社会の暗記ポイントについて説明します!分野ごとのコツを覚えて、社会を克服しましょう。ここでは...

数学の成績は、ステップに分けて上げていく定期テスト前の数学の勉強法について解説していきます。娘は、テスト直前であったにも拘わらず集中してステップを踏む事で中間考査23点→期末考査81点という快挙を成し遂げました!なにを置いても、教科書が基本!最低でも、30点は取れる方法です。その基本となるのは、教科書。教科書は、いわばレシピ本。レシピの通りに、料理が作れるか。レシピを元に、アレンジが出来るか。ここ...

理科の壁は、簡単に飛び越えられます!理科に苦手意識を抱いている子供たちは、「だって私、理系じゃないもん」と最初から、やる気ゼロ。ですが、中学の理科は向き・不向きで成績が決まる事などありません!ポイントは、反復にあったのです。ここでは、理科の苦手意識を克服します。100点に近い点数も、夢では無いと子供に実感させましょう。ここでは、理科の苦手意識を克服します。100点に近い点数も、夢では無いと子供に実...

英語は段階的な方法で、望む点数を取に行こう!現在、小学校から英語の授業が取り入れられていますが「英語に親しむ」程度の内容で、高校受験に太刀打ち出来るようなレベルの授業ではありません。ですが、中学校に入学すると「勉強としての英語」が始まります。ここで、子供は一気に戸惑いと苦手意識を抱いてしまうのです。英語って、実は簡単で面白いんだ!と心から思える勉強法をお伝えします。分かれば、楽しくなるのです。英語...

この方法で、副教科の対策は3時間で終わってしまいます!副教科に関しては、全く価値の無い教科だとある意味「捨てている」子供がいます。娘もそうなのですが、受験には関係ない教科だからと副教科の対策を行わないのです。ですが、内申点の事を考えてください。高校受験には、重要となる通知表の評定では数学の「5」も美術の「5」も、価値は同じなのです!数学で5を取るのが難しければ音楽で5を取れば、それで良いという事で...