英語の成績を上げたい方へ

英語は段階的な方法で、
望む点数を取に行こう!

 

 

現在、小学校から
英語の授業が取り入れられていますが
「英語に親しむ」程度の内容で、
高校受験に太刀打ち出来るような
レベルの授業ではありません。

 

 

ですが、中学校に入学すると
「勉強としての英語」が始まります。
ここで、子供は一気に
戸惑いと苦手意識を抱いてしまうのです。

 

 

英語って、実は簡単で面白いんだ!と心から思える勉強法を

お伝えします。分かれば、楽しくなるのです。

 

これさえ実行すれば、50点は取れる!〜英語の基礎〜

英語を勉強する時

お子さんは、どのような方法を
選択していますか?

 

 

もしかして、
ひたすら英単語を
暗記しているばかりでは?!

 

 

これでは、20点取れれば
良い方でしょう。
文章問題は、全く解けないからです。

 

 

国語で言えば、
漢字しか勉強していないのと
同じ状態。
面白くもなんともありません。

 

 

 

英単語を覚えつつ、英文の音読を同時に行おう!

 

英語はリズムです。

 

暗記中の英単語が使われた英文を
音読する事で
英文自体のリズムを習得出来ます。

 

 

すると、並び替え問題が出題された時
英文をすっと作る事が出来るようになります。

 

 

出来れば、
20回は音読を行いましょう!

 

 

このとき

  1. 日本語訳を読んで、内容を把握する
  2. その後、英文を20回音読する

 

このように
日本語訳を把握して音読を行えば

和訳もスムーズに出来るようになります!

 

 

英単語の覚え方

 

  1. 英単語を見て、日本語を答える
  2. 日本語を見て、英単語を答える

 

これの繰り返しです。
単語帳を使うと、暗記はかなり捗ります。

 

 

 

80点を目指すなら!〜英語を好きな教科に昇格!〜

  • 英単語を覚えている
  • 英文のリズムを覚えている

 

この状態が出来ている事が
次のステップへの条件です。

 

 

上記をマスターしたら

 

@学校で与えられた問題集を解く

ここで、英単語と英文が身についていれば
50点は取れているはず!

 

A不正解だった部分だけ、解き直す

これだけで、80点は取れます。

 

 

95〜100点を目指したい!〜英語を得意教科にしたい!〜

お伝えした方法で

充分に英語の点数を
取る事は可能です。

 

 

ですが、
よりステップアップしたい場合
次の2つの方法をお勧めします。

 

学校以外の問題集を解く

英文法は、パターン化されています。
学校の問題集に掲載されている
英文以外の文章に触れることで
より、幅広い文法力が身につきます。

 

 

どのようなパターンの問題にも
対応する力が備わるため、

確実に点数を取りに行けるでしょう。

 

 

 

教科書の英文を全てマスターする

定期考査など、学校内のテストで
点数を確実に取りたいのであれば

教科書の英文を、全て書けるようにします。

 

 

定期考査は、
全て教科書から出題されるので
教科書の英文さえ覚えておけば

確実に90点以上は抑えられるはずです。

 

 

 

次のページでは、疎かに出来ない
副教科の成績が上がる方法
具体的にお伝えします。

 

対策していなかった!と焦らなくても
もう大丈夫です。

 

 

副教科の成績が上がる方法はこちら

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!