漢字の勉強の仕方が分からない方へ

漢字の覚え方の勉強の仕方をご紹介!

 

漢字の効率の良い覚え方とは?

 

漢字は、なかなか覚えられずに
苦労する子供が多くいます。

学年が上がるにつれて覚えることは多くなるし、
漢字の難易度も高くなります。

 

私の娘も、漢字の宿題など
きちんと取り組んではいたものの、
漢字を覚えるのが苦手で
いつも苦労していました。

 

でもそれは、覚え方が間違っていたんです。
ここでは漢字を効率よく
覚えるコツを紹介していきたいと思います。

 

 

勉強法を変えていく

書いて覚える

小学校に入ると、漢字の勉強が始まります。
漢字を覚えるための学習法として、
書いて覚えるのが一般的
です。

 

 

例えば、小学校では
「5個の漢字を20回ずつ書いてくること」
という形で宿題が出されます。

 

 

これを繰り返してきたからこそ、
「覚える=書く」と頭に刷り込まれている
子供がとても多いといいます。

 

 

小学校のうちはこの方法でもOKですが、
中学生になると対応できなくなってきます。

 

 

何回も書くことは時間がかかるし、
手が疲れてきて集中力もあまり
続かなくなってしまうからです。

 

 

ただでさえ他の教科でもやらなければ
いけないことがたくさんあるのに、
漢字を覚えるだけでそんなに多くの時間も
体力も費やせない
ですよね。

 

 

そこで、中学から導入すべき方法は、
書いて覚えようとしないことです。
まずは、漢字を読めるように
なることから始めましょう。

 

 

進めるペースは、5個を1セットとして
覚えていくのがおすすめ
です。
5個覚えられたら、次の5個に
取り掛かるようにしてください。

 

 

5個の熟語・単語を、口に出して
言えるようになるまで読みを覚えましょう。
書く必要はないので、
単語帳を使うとやりやすいですよ。

 

 

私の娘は、晩ご飯を待っている間や寝る前など、
スキマ時間を利用して単語帳を見ていました。
少しでも空いた時間があると取り組みやすいのも、
単語帳のいいところですね。

 

 

読めるようになったら、次は書けることを目標にします。
書けない漢字は、何度も書こうとせず一度だけ書きます。
分からないときは答えを見てOKです。

 

 

覚えられない漢字でも、
3回くらいこのやり方を繰り返せば
ほとんどの子供が覚えられる
そうです。

 

 

外国人でもこの方法なら
1分に1個は覚えられるそうなので、
試してみる価値あります!

 

 

参考書の必要性

参考書

私は、娘の漢字の勉強に
参考書が必要かどうか悩みました。

 

 

道山ケイ先生によると、
「受験を視野に入れて漢字に取り組むなら
参考書を活用するほうが効率が良い」

ということでした。

 

 

定期テスト対策なら、
授業で使っているワークや教科書の
漢字を重点的に覚えるのがいいようです。

 

 

これは私が感じたことですが、
教材はあまりたくさん用意しても、
どれも中途半端になってしまうことがあります。

 

 

学校で使っているものをメインに使えるなら、
そのほうが見慣れているので
娘も取り組みやすいようでした。

 

 

漢字を効率よく覚える勉強法は、
もちろん漢字以外にも応用できます。

 

 

道山ケイ先生の無料メール講座には
このような役立つ情報が盛りだくさんでした。
興味のある親御さんは、
登録してみるのがいいと思います。

 

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

 

次のページでは
国語の長文読解の解き方のコツです。
読書が嫌いな子どもでも、
点数が上がるようになります!

 

 

国語の長文読解の解き方のコツに進む

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
計算ミスを減らすには?
計算ミスをなくすには、問題をすらすら解けるようにすること、途中式を書くこと、見直しをすることが大事です。すべてを実践するために、日頃から数学の学習習慣を身につけておくことと、見直しができるように時間に余裕を持って問題に取り組むことを意識しましょう。それだけで、計算ミスを大幅に減らすことができますよ。
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。