国語の長文の問題のコツが知りたい方へ

国語の長文読解のコツ

 

長文読解の問題を解くときのコツとは?

 

本が嫌いな子供は、
国語の長文読解が苦手なことが多いです。
私の娘もそうでした。

 

日頃から読書をしている子供は、
長文問題でも難なく解けるそうです。

 

では、本が好きではない子供は
どうすれば長文問題が解けるように
なるのか、こちらで説明していきますね。

 

 

読書好きか否か

読書

読書が好きな子供は
何もしなくても高得点が取れるのは、
接続詞の使い方が自然と
身に付いているから。

 

 

さらに、物語に出てくる人の
気持ちを理解できるからです。
あとは、文章を読むスピードが
速いという特徴もあります。

 

 

ただ、読書が嫌いな子供でも
長文読解で得点する方法はあるので大丈夫です。
定期テストの長文問題におけるコツを、
2つ紹介するので試しにやってみましょう。

 

 

音読

音読

まずは教科書の音読です。

 

 

定期テストは、授業で習ったところが
そのまま出題される親切なテストなので、
音読でテスト範囲を押さえておけば
簡単に得点できます。

 

 

接続詞も覚えられるので、
結果、問題がどんどん解けるようになります。

 

 

問題集の答えを覚える

覚える

2つ目は、問題集の
答えを覚えてしまう
ことです。
定期テストでは、教科書の範囲同様に
問題集の問題もそのまま出題されます。

 

 

確実に点数を取るには、
答えを覚えてしまえばOKです。

 

 

文章に出てくる人の気持ちを
理解するのが難しいような子供は特に、
この方法でなら格段に点数が
取りやすくなりますよ。

 

次に、高校受験対策に有効な
長文読解のコツを紹介していきます。

 

 

受験の場合は、これまで出会ったことのない
問題が出されるのが普通なので、
丸暗記や音読という方法は通用しません。

 

 

そこで、2つのやり方があります。

 

 

長文問題の解き方を覚える

勉強

1つは、長文問題の解き方を覚えることです。

 

 

例えば、
「それ」が何を指すかという問題が出たら、
「それ」より前に答えがあります。

 

 

このように、長文問題には知ってさえいれば
ある程度得点できる解き方があるので、
そこをマスターしましょう。

 

 

過去問を解く

過去問

2つ目は、過去問を解くことです。
過去問を何度も解いていると、
出題のパターンが分かってきます。

 

 

そうすれば、文章の理解が
苦手だとしても得点できます。

 

 

問題集の選び方

問題集

書店へ行けば、たくさんの問題集が並んでいます。
問題集を探すときに注意すべきことは、
自分のレベルに合っているかどうか、
解説が詳しいかどうかです。

 

 

自分のレベルを知るには、
まず解いてみましょう。
だいたい6割程度できるものが、
今の自分に合っていると言えます。

 

 

そして、分からない問題に
直面したとき頼りになるのが解説です。

 

 

解説に長文問題の解き方を
載せてくれているものがあるので、
そういう問題集を選ぶと
勉強しやすいと思います。

 

 

今紹介した方法で、
長文読解の点数を上げていけます。
でも、受験という広い視野で考えた場合は、
この対策だけでは不十分です。

 

 

合格率を上げるには、
他の教科も勉強する必要が
あるのは言うまでもありません。

 

 

そこでおすすめなのが、
道山ケイ先生の無料メール講座です。
私たち親子も、このメール講座を大いに
参考にさせてもらいました。

 

 

子供の成績アップのために、
親子で取り組める方法がたくさん
載っているので、興味のある方はぜひ。

 

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

 

次のページでは
社会の成績が上がる方法です。
短期間で成績がアップできる
貴重な教科ですよ!

 

 

社会の成績が上がる方法に進む

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。