理科の成績向上を目指している方へ

理科の壁は、簡単に飛び越えられます!

 

理科に苦手意識を抱いている
子供たちは、

 

 

 

「だって私、理系じゃないもん」


と最初から、やる気ゼロ。

 

 

ですが、中学の理科は
向き・不向きで成績が決まる事などありません!

 

 

ポイントは、反復にあったのです。

 

ここでは、理科の苦手意識を克服します。

100点に近い点数も、夢では無いと子供に実感させましょう。

 

殆どの子供がつまづく、最初の一歩

理科の授業を受けます。

宿題や、ワークを自宅で行います。

問題が解けません。

 

 

 

 

「やっぱり、私理系じゃないわ〜」


と諦めている子供が
全体の80%を占めているそうです。
あなたのお子さんは、いかがですか?

 

 

ですが、中学校の理科は
理系の思考を持っていない、
という理由は当てはまりません。

 

 

なぜなら、東大の理系に通う学生だって
問題集に取り組んだ時
1度目から100点を取る事など不可能だからです。
(超天才は除きますが、殆どいません)

 

中学校の理科は、理系文系は関係ありません!

つまづいている子供には、やる気を起こさせる必要があります。

 

※あまりにもやる気が無い場合は
道山先生のメール講座を読んでみてください。
お子さんのやる気をアップさせる方法が
詳しく紹介されていますので・・・。

 

生物、地学 →→ ワークに取り組み、何度も繰り返す。

 

 

反復を5回程行えば
理科で10点台しか取れなかった子供も
答案用紙を完璧に埋めることが
絶対に出来るようになります!

 

 

中学校の理科は、
難しく考える必要はありません。
ただ、繰り返すこと。
これだけで良いのです。

 

効率的に問題集に取り組むポイント

 

1・ワークに直接、オレンジのペンで答えを書きこむ

 

2・赤下敷で答えを書くし、口頭で覚える

 

ノートに回答を書きこむよりも
スピーディに頭に入っていきます。
漢字の練習とは異なり
理科はノートに書かないほうが覚えるのです。

 

物理・化学 →→ 反復+計算問題はやり方を聞く!

公式を覚え、

応用する必要がある物理や化学は、
反復を繰り返す他に
やり方を、必ず誰かに聞く
というクセをつけてください。

 

 

やり方さえ分かれば
後は数字や条件が変わるだけなので
問題を繰り返し解いていけば
グングン理解が深まります。

 

 

ここまでで、70点は確実に取れるでしょう。

 

 

80点以上の点数を望む場合

 

 

応用力がポイントです。
ですが、誰しも

 

 

 

「応用力が無いから、困っているんだ」


と思っていますよね。

 

 

ですが、応用力って
特別な能力のように思っていませんか?

 

 

応用力は、
どれだけ多くの問題を解いてきたか
という事なんですよ。

 

 

つまり、学校以外で手に入れた
問題集をひたすら解く!
これで、どんどん応用力が身につきます!

 

 

理科は、繰り返しの勉強がポイント!

ですから、問題集は

文中に回答する形のものより
1か所にまとめて回答する形
問題集を選ぶ事をお勧めします。

 

 

回答部分を隠すことで
何度でも問題が解けて
勉強しやすいので、かなり良いですよ!

 

 

次のページでは、
英語の成績が上がる方法についてお話しします!
うちの娘が最も苦労したのが英語の勉強法です!

 

 

英語の成績が上がる方法はこちら

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!