高校受験の小論文の書き方が知りたい方へ

受験で通用する小論文の書き方とは?
高校受験で得点できる小論文の書き方とは?

 

高校の推薦入試などで
課される小論文は、
得点しやすい書き方
というものがあります。

 

 

まず、小論文とは
どういうものなのかを
知っておきましょう。

 

 

小論文は、
感想文とは違って
自分の意見を書きます。

 

 

どうしてそう思うのかなど、
意見の裏づけとなる部分も書いて
読み手に主張しましょう。

 

設問のパターン

小論文の設問には、
だいたい3つのパターンがあります。

 

 

キーワードから意見を求められるもの

1つ目は、題名だけが決められていて、
「それに対する自分の意見を
述べなさい」
というものです。

 

 

その言葉からイメージできるものであれば
基本的にはどんなことを書いてもいい
ので、
自分で自由に内容を
ふくらませることができます。

問題のパターン

 

 

これからどんな高校生活を送りたいか、
そのためには何をする必要があるか、
といったテーマも過去に
出されたことのあるお題です。

 

 

既出のテーマについては
一度自分で考えて、
意見をまとめておきましょう。

 

 

文章から意見を求められるもの

2つ目は、文章を読ませて
それについてどう思うか
を問うものです。

 

 

新聞の抜粋であったり、
直近で話題となっている内容

使われることが多いです。

 

 

大きな災害があれば、
それに関する文章を
読ませることもあります。

 

 

資料から読み取るもの

3つ目は、グラフなどの資料を提示して、
問題点や改善点を
求めるものです。

 

 

この場合は、
問題に対する知識
ある程度求められます。

 

 

3つともテーマの内容は異なりますが、
意見を述べる上で自分の経験を書く
必要が出てきます。

 

 

「なぜそう思うのか」まで
掘り下げるためには、
個人の経験や体験なしには
語れないからです。

 

 

多くの文章を読んで、
世の中の事象について考え、
自分の価値観を
知っておきましょう。

 

 

本番までに
できるだけたくさんの言葉を仕入れて、
使えるようにしておくこと、
そのときには必然的に辞書が役に立ちます。

 

 

正しい熟語、日本語の言い回しなどを
身につけておくと、
文章で表現できる幅が
ぐんと広がります。

 

 

小論文の書き方

著書

 

小論文に関する本を出版している
樋口雄一氏が、自身の著書の中で
書き方の四部構成について
説明しています。

 

 

この順番で書き進めれば、
本番での失敗を防げますよ。

 

 

簡単に説明すると、
まず第一部では
定義づけ
をします。

 

 

個人の裁量に任される部分が多いテーマの場合は、
最初に定義づけを
しておくことが重要です。

 

 

第二部では、
自分の意見を述べます。

その際、先に反対か賛成かを
端的に説明しましょう。

 

 

第三部では、
それをもっと掘り下げて
論述
します。

 

 

第四部は結論なので、
これまでの内容を踏まえて
「だから私はこう考える」

というカタチで締めましょう。

 

 

立場を曖昧にしたまま
終わるのはナシです。

 

 

書き終えたら、
学校の先生や家の人に
見てもらってください。

 

 

添削してもらって
何度も練習するうちに、
小論文を書くのが
上手になりますよ。

 

 

高校受験は、今お話したような小論文対策に加え、
面接の練習や成績を上げるための努力など、
やらなければならないことが
たくさんあります。

 

 

どうすれば効率よく
進めていくことができるのか、
それは道山先生の
成績アップ無料メール講座
で紹介されています。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

少しでも時間を
有効に使いたい人は、
一度読んでみるのが
おすすめです。

 

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

関連ページ

国語の受験勉強方法
国語の偏差値を上げる方法は、思った以上に戦略が必要です。定期テスト対策とは大きく異なる、と思っていたほうが良いでしょう。ですが、入試対策としての勉強法を実行すれば、志望校にも手が届くほど点数が上がります!その方法とは?
社会の受験勉強方法
社会の偏差値を上げる方法は、各分野によってポイントが異なります。不得意な分野を潰していくには、適した問題集選びと勉強の流れに解決法が潜んでいるようです。具体的な勉強の仕方とは?!
数学の受験勉強方法
数学の偏差値を上げる方法は、ただ一つ!それは問題集にありました。問題集の選び方を間違え、使い方を間違えてしまうと、偏差値は努力の割に伸びません。正しい選び方、勉強の進め方とは?!
理科の受験勉強方法
理科の偏差値を上げる方法は、5教科の中でも最も簡単です!もし理科の偏差値が思うように上がらない場合は、効果的な方法を選択すれば、短期間でアップするでしょう。重要なのは、暗記です。
英語の受験勉強方法
英語の偏差値を上げる方法は、段階を追っていくことです。単語、構文、長文読解、発音などなど、むやみに手をつけるのは時間の無駄。正しいステップを踏む事で、面白いように偏差値は急上昇します!
進路希望調査の書き方
進路調査の書き方について、高校受験を前に詳しくお伝えします。人生の岐路にたっている、中学三年生の今、進路をどう決めるか、親子で真剣に考える時期に来ています。進路調査について、どのように立ち向かうかチェックしましょう。
やる気が出ないときは?
高校受験でやる気が出ないと焦っているのならば、今すぐ対策を取る必要があります。入試までの時間は、限られています。少しでも多くの時間を受験勉強に没頭できるよう、起こすべき行動とは?!
推薦基準について
高校入試は偏差値と共に、推薦基準が気になります。出来ればまともに受験をするより、推薦で早く進路を決めたいと願う中学生もいるでしょう。ポイントは内申。その仕組みと内容を、全て公開します。
春休み・夏休み・冬休みの勉強方法
高校入試を控えている場合、夏休みや冬休みなど長期の休みをどう過ごすかが合否を左右します。取り組むべき内容、勉強法を知り実行するだけで、偏差値が驚くほどアップするのです。学力定着の為に、長期休みをうまく利用しましょう!
学習塾と家庭教師の考え方
高校入試を見据え塾にするか、家庭教師にするか悩むところです。ここでは、高校受験の為に塾に入る場合の基準と時期、利用方法についてお話しします。家庭教師と塾のどちらに向いているかも、要チェックです!
勉強時間の平均は?
高校入試の為に必要な勉強時間の平均が、とても気になりませんか?普通はどれくらい勉強するべきなのか、偏差値を10上げたい時に必要な勉強時間は?!志望校のレベル別に、詳細をお伝えします。
親が出来ること
高校入試に親がやるべき事を、カテゴリ別にご紹介します。子供は自分の将来を見据え、必死に勉強している今、親がすべき事とはなんなのでしょうか。放置し過ぎも、構い過ぎもNGです。子供を正しくサポートしていく方法とは?
面接のポイント
高校入試の面接で取りたい態度、質問にどう答えるべきかは、あまり世の中に情報が回っていません。ここでは、入試を乗り越えた母娘の経験を元に、詳細にお伝えしていきます。面接も、合否をしっかり左右するからです。
高校入試前日の食事や勉強内容
高校入試の前日に、必ずやって起きたい事があります。合格を勝ち取るための、最後の対策です。ここをしっかりこなせるかどうかが、高校受験の結果を左右するかもしれません。その具体的な内容とは?!
高校入試当日に意識すべきこと
高校入試当日に、取りたい行動、取ってはいけない行動について、具体的にご紹介します。特に取ってはいけない行動が元で、不合格となった例もありますので、受験生と親は必見です!