毎日の勉強のやり方が知りたい方へ

毎日の勉強のやり方とは?
毎日の勉強のやり方を解説!

 

毎日の勉強が身についていれば、
テスト前はそんなに焦らなくても
良くなります。

 

 

でも、日頃の勉強が
きちんと習慣になっている中学生は
そこまで多くありません。

 

 

私の娘も、机に向かったと思ったら
気づけば別のことをしていたり、
集中力を継続させるのは
難しいこと
なんだと実感しました。

 

 

どうすれば日頃から
勉強する習慣が身につくのか、
効果的な方法を
説明します。

 

 

毎日机に向かうには

机に向かう

勉強する習慣がない人は、
机に向かうという習慣が
まずないという人が
ほとんどです。

 

 

そこで、とりあえず
机に向かうことを
意識してみましょう。

 

 

スマホに気を取られて
仕方ないのなら、
机でスマホを
いじってください。

 

 

机に向かえるようになったら、
次はタイマーをかけて
勉強する時間とスマホをいじる時間を
区別する
ようにします。

 

 

最初は15分から
スタートしましょう。

 

 

15分勉強したら、
次の15分は
スマホを触ってOK
です。

 

 

これを交互に繰り返すうちに、
いくらか勉強が進んでいます。

 

 

慣れてきたら
15分を20分にしたり
30分にしたりと、
少しずつ時間を延ばします。

 

 

こうすることで、
机に向かうことが
だんだん習慣化しますよ。

 

 

毎日やることとは

宿題

机に向かって、
一体何をすればいいかというとまずは宿題です。
宿題などの提出物は、平常点に加算されます。

 

 

宿題における平常点はそれなりに高いそうなので、
締め切りまでに終わらせて提出できるように努めましょう。

 

英語と数学の予習

宿題ができるようになったら、
次は英語と数学の予習に取り掛かってみてください。

 

毎日予習

 

この2つは、
一度つまづくと致命的なので
予習をするのがおすすめです。

 

 

数学は教科書に載っている例題を解くこと、
英語は英単語を調べておくことで予習になります。

そんなに時間はかからないので、
机に向かうついでにとりあえずやってみましょう。

 

眠たいときの対策

部活を頑張っている人は、
夜になると眠くて
勉強どころではない
かもしれません。

 

 

でも、睡魔に勝たない限り
勉強する時間は
なかなか作れないので
対策をしましょう。

 

 

早起きして朝に勉強する習慣をつけるか、
15分だけ仮眠してから
夜のうちに勉強に取り掛かる

という方法があります。

 

 

早起きするなら、
夜は9時くらいには
布団に入るように
してください。

早寝早起き

 

そして、朝5時に起きて
勉強します。

 

 

受験当日も
早起きするのが望ましいので、
このスタイルが習慣になれば、
受験当日も焦らずにすみます。

 

 

また、仮眠をするなら
15分を超えてはいけません。

 

 

すっきりするどころか
返って眠たくなってしまうので、
15分以上になると
逆効果
です。

 

 

自分がどちらなら可能か、
一度試してから
決めるのも
いいと思います。

 

 

このような方法で日頃から
勉強する習慣が身についていれば、
余裕を持ってテスト勉強にも
取り組めると思います。

 

 

でも、テストの3週間前から
勉強法を変えること

定期テストの点数は
どんどん上がります。

 

 

その方法は、道山先生の
7日間で成績アップ無料メール講座で
紹介されているので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、
小学生の勉強方法
についてまとめました。!

 

 

どんなことを勉強するべきなのかや、
中学生との勉強の違いを
ご紹介していきます。

 

>>小学生の勉強方法についての記事に進む

 

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
中学校の地理の勉強法
地理は、白地図を使って世界の国名や特徴を把握します。日本国内の産業や農作物も、同じ方法で覚えます。テストではグラフ問題がよく出るので、多くの問題を解いて出題傾向を掴んでおくのが肝心です。新しい問題集を買ってくるのもいいですね。受験では、文章の間違いを見つける問題がよく出るので過去問で対策しましょう。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
計算ミスを減らすには?
計算ミスをなくすには、問題をすらすら解けるようにすること、途中式を書くこと、見直しをすることが大事です。すべてを実践するために、日頃から数学の学習習慣を身につけておくことと、見直しができるように時間に余裕を持って問題に取り組むことを意識しましょう。それだけで、計算ミスを大幅に減らすことができますよ。
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。
中学生の効率のいい勉強の仕方
毎日の生活で、無駄な時間がないか考えてみましょう。どんな人にも、一日は24時間しかありません。ボーっとする時間や好きなことに充てる時間を少しずつ削れば、勉強時間を今以上に確保できます。集中力を持続させるには、30分〜45分を区切りに休憩を挟むことが効果的です。休憩中は甘いものや、水分をこまめに取ることがおすすめですよ。集中力を途切れさせることなく机に向かうことができれば、勉強はかなりはかどります。
中学生の正しい勉強のやり方
教えられた勉強のやり方と自分なりの方法、両者の良い所を取ってベストな方法を見つけましょう。やる気アップにおすすめなのは気分転換です。思い切って丸一日出かけてみたり、スポーツをすることで勉強に集中できますよ。また、テストを頑張ればおこづかいが増えるなど、やる気アップにつながる理由を作るのも効果的です。
成績が上がる勉強部屋
机に向かって勉強するとき、テレビやベッドが視界に入らないように家具を配置しましょう。気が散るのを防げるので、勉強に集中できますよ。また、照明はホワイト系にすると頭が冴えやすいです。寝る前は照明をオレンジ系に変えるか、少し薄暗くすることで頭がリラックスモードに切り替わるので、質の良い睡眠が取れますよ。