成績が上がる勉強部屋を知りたい方へ

成績が上がるレイアウトがある!
成績が上がる勉強部屋とは

 

部屋のレイアウトは、
実は成績アップに
大きく関係しています。

 

 

中でも机とベッド、
テレビの位置が重要です。

 

 

勉強に集中できないという悩みを
抱えている人は、ぜひ一度
部屋のレイアウトについて
考えてみて
ください。

 

 

今回は、勉強効率が上がる家具の配置と、
どうしてそれが成績アップにつながるのか
お話します。

 

勉強スタイル別レイアウト

模様替え

自分の部屋で勉強する人と、
リビングなど家族の共用スペースで
勉強する人
がいると思います。

 

 

それぞれに、
おすすめのレイアウトと
避けるべきレイアウトがあるので、
参考にしてみてください。

 

自分の部屋の場合

まず、自分の部屋で勉強する人は
机に向かったときテレビやベッドが
視界に入らないような
配置にすることが望ましい
です。

 

 

さらに、マンガや雑誌、ゲームなど
趣味のものは勉強する前に
すべて片付けるようにしてください。

 

 

これは、勉強中に
気が散るのを
防ぐためです。

 

 

ベッドが視界に入ると、
少し眠くなったときに
「少し寝よう」と思って
すぐ横になってしまいます。

 

 

15分程度の仮眠なら問題ないですが、
睡魔に負けて寝てしまうと
「少しだけ」のつもりが、
気づいたらもう朝になっていることはよくあります。

 

 

だからこそ、机に向かったとき
ベッドがすぐに見える配置では
駄目なのです。

 

窓

 

リビングの場合

リビングで勉強する人は、
ベッドはなくても
テレビがある
と思います。

 

 

自分の部屋にもテレビがあるという人も
いると思いますが、さすがに勉強するときには
自分の部屋のテレビは
消してありますよね。

 

 

でも、リビングは共用スペースなので、
誰かがテレビを見ていたら
テレビがついている中で
勉強しないといけません。

 

 

そのため、テレビが絶対に
視界に入らないように
机を配置するのが
望ましいです。

 

どちらにも共通することですが、
机に向かったとき目の前にあるのは
窓か壁という状況
がいちばんいいです。
そのほうが集中しやすいので、勉強がはかどります。

 

部屋の照明と明るさ

電気

家具の配置だけでなく、
部屋で使っている
照明の色や明るさまでもが
勉強効率に関係しています。

 

 

リラックスした気分になるのは、
オレンジ系の照明です。
眠たくなってしまうので、
勉強中にはおすすめしません。

 

 

頭が冴えて、勉強に集中できるのは
ホワイト系の照明
だと
いわれています。

 

 

そのため、塾やコンビニでは
基本的にホワイト系の照明が
使われています。

 

 

しかも、暗いよりは
できるだけ明るくしたほうが、
眠くなりにくいです。

 

 

勉強を終えて、
そろそろ寝ようというときには
オレンジ系の照明に
切り替えましょう。

 

 

色を変えなくても、
ただ薄暗くするだけでも
いいです。

 

 

それまで勉強モードだった頭が、
睡眠モードに切り替わるので、
質の良い睡眠を取るのには
おすすめの方法
です。

 

 

照明の色や明るさも、
こうしてメリハリをつけることで
集中力アップにつながり、
成績も上がっていくことが期待できます。

 

 

でも、もっと効率的に成績を上げたいと思うなら
道山先生というカリスマ教師の
無料メール講座がおすすめ
です。

 

 

無駄なく効率的に勉強する方法を
紹介してくれているので、
興味のある方は中学生だけでなく、
親御さんもぜひどうぞ。

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
中学校の地理の勉強法
地理は、白地図を使って世界の国名や特徴を把握します。日本国内の産業や農作物も、同じ方法で覚えます。テストではグラフ問題がよく出るので、多くの問題を解いて出題傾向を掴んでおくのが肝心です。新しい問題集を買ってくるのもいいですね。受験では、文章の間違いを見つける問題がよく出るので過去問で対策しましょう。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
計算ミスを減らすには?
計算ミスをなくすには、問題をすらすら解けるようにすること、途中式を書くこと、見直しをすることが大事です。すべてを実践するために、日頃から数学の学習習慣を身につけておくことと、見直しができるように時間に余裕を持って問題に取り組むことを意識しましょう。それだけで、計算ミスを大幅に減らすことができますよ。
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。