数学の成績を着実にアップさせる方法を知りたい方へ

数学の成績は、
ステップに分けて上げていく

 

 

定期テスト前の
数学の勉強法について
解説していきます。

 

 

娘は、テスト直前であったにも拘わらず
集中してステップを踏む事で
中間考査23点期末考査81点
という快挙を成し遂げました!

 

なにを置いても、教科書が基本!

最低でも、30点は取れる方法です。

その基本となるのは、教科書。

 

 

教科書は、いわばレシピ本。
レシピの通りに、料理が作れるか。
レシピを元に、アレンジが出来るか。
ここをテストされるわけです。

 

 

元のレシピが分からないのに
いきなりアレンジ料理を作れ、
と言われても出来ないように

 

 

教科書の内容を理解していないのに
問題集を解こうとしても、解けません。

 

 

また、数学という教科は
一度授業で教えてもらったからといって
すぐに問題が解けるようになる、
という性質の教科ではありません。

 

 

数学が得意な子でも
繰り返し問題を解くこと
数学の力を身につけていきます。

 

 

まずは、教科書の内容を
しっかりと理解する事。
教科書は、1から10まで
丁寧に解説が書かれていますので

 

 

何を差し置いても、
教科書の問題にトライしてください。

 

 

教科書の説明も理解出来ない時は、分からないところをクリアにすること!

先生に聞け無いなら、
友達に聞いても構いません。
もしそれも出来ないと言うなら、
家庭教師も視野に入れてください。

 

 

80点を目指すなら、学校で配布された問題集を解く!

 

 

ポイントは、学校で習ったら
すぐに同じ単元の問題を解くことです。
一度、問題の解決方法を覚えてしまえば
定期考査前に、ちょっと見直すだけで
スラスラと解けてしまいます。

 

 

その時に使いたいのは、
学校の問題集です。
学校で使っている教科書の
内容に沿った問題ばかりで、
学習の定着を目的に使用されています。

 

 

数字や言い回しを変えただけで
解き方は同じ、というパターンなので
教科書を理解していれば
簡単に解くことが出来るはずです。

 

 

もちろん、複雑な応用問題も
出題されますので
分からない時は、すぐに問題を
クリアにする事!

 

 

また同じところで1時間悩むくらいなら
さっさと切り上げて、
後で誰かに教えてもらったほうが効率的です。

 

 

悩む時間があったら
他の問題にトライしてください。

 

 

アウトプットする事で、脳は記憶を定着させる
  • 自分で覚える=インプット
  • 誰かに教える=アウトプット

 

インプットした情報は
アウトプットする事で
理解度が深まります。

 

友達に教えるという行為は
自分の成績が上がる行為でもあるのです。

 

 

80点以上を目指すなら!

 

 

学校以外の問題集に取り組みましょう。
同じ単元でも
違う角度から出される問題を
解いていくことで、応用力が身につきます。

 

 

教科書学校の問題集学校以外の問題集
この流れを間違うと、
どんどん数学が苦手になっていきます!
必ず、ステップは順番に踏んでください。

 

 

学校以外の問題集の選び方

 

解説が詳しく書かれているものを選ぶ

答えが間違った時、
解説が書かれていない問題集だと
疑問ばかりが残ってしまい
やる気がそがれてしまいます。

 

欲張り過ぎない

教科書と学校の問題集が終わった後の
仕上げとして使用しますので
分厚い問題集は
テスト前に終わらせることが出来ません。

 

 

「途中で辞めてしまった」という経験は
「私は出来ない」という思いを強くします。
薄目の問題集を用意する事がポイントです。

 

次のページでは、
計算ミスを減らす方法について
ご紹介していきます。

 

解き方があっていても
答えが間違っていると、
非常にもったいないです。

 

そうならないように、
参考にしていただければと思います。

 

 

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
計算ミスを減らすには?
計算ミスをなくすには、問題をすらすら解けるようにすること、途中式を書くこと、見直しをすることが大事です。すべてを実践するために、日頃から数学の学習習慣を身につけておくことと、見直しができるように時間に余裕を持って問題に取り組むことを意識しましょう。それだけで、計算ミスを大幅に減らすことができますよ。
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。