計算ミスが原因で成績が上がらない方へ

計算ミスの克服法をまとめました!

 

計算ミスが多い時の克服法とは?

 

計算ミスによって、
成績が上がらないと悩んでいる
中学生も多いと思います。

 

そこでここでは、
計算ミスを減らす方法に
ついてご紹介していきます。

 

数学の計算ミスをなくすには

計算ミス

中学校の数学は、
学年が上がるにつれて内容が
どんどん難しくなってきます。

 

 

きちんと勉強しないと追いつけないばかりか、
慌てて問題を解くと計算ミスも
増えやすい
です。

 

 

テストでいちばん
もったいない失点は、単純な計算ミスです。
これだけで10点くらい失点してしまっている人もいます。

 

 

私の娘も、計算ミスで点を
落として何度悔しい思いをしていたか・・。

 

 

ここでは、どうすれば計算ミスを
防ぐことができるのかを説明していきます。

 

 

計算ミスを防ぐ方法

見直し

計算ミスは、実はただ意識を
変えるだけで大幅な改善ができます。
そのために気をつけるべきことは、3つです。

 

 

1問ずつになるべく時間をかけない

時間をかけずにすらすら問題を解くには、
解き方が頭に入ってないといけません。

 

 

つまり、日頃から勉強して
解き方をマスターしておく必要があるわけです。
数学の勉強をする習慣がないのなら、
まずは勉強の計画を立てることから始めましょう。

 

簡単な問題でも途中式を書く

自分だけが分かる方法で構わないので、
順を追って考えたということが
分かる途中式を書きましょう。

 

 

すっとばして考えたときほど、ミスをしやすいです。
しかも、途中式がなければ仮に
見直しをしていたとしても間違いを
素早く見つけることができません。

 

必ず見直しをする

テストのあと、毎回必ず見直しを
するという人はどれくらいいるでしょうか?

 

 

見直しは、絶対したほうがいいです。
どうしてかというと、どんなに自信のある問題でも
ミスをしていることはよくあるからです。

 

 

ミスなんてないと思って見直しをするのではなく、
ミスをいくつ見つけられるか、
くらいの気持ちで見直しをしてください。

 

 

見直しをするには、すべての問題を
解き終わってから時間に余裕がないとできません。
テスト終了の10分ほど前までに解き終わり、
見直しをするための時間を確保しましょう。

 

 

成績を上げるために

成績UP

計算ミスは、上記の3つの方法で
大きく改善できますが、どれか1つでも
欠けると効果が半減してしまう
ので、
ぜんぶやるようにしましょう。

 

 

特に見直しや途中式は、
面倒くさがりな人ほどやりません。

 

 

でも、これまで計算ミスにより
失点していた分を取り戻すためにも
この3つはぜひ実践してもらいたいです。

 

 

まずは心がけが大事なので、
意識することから始めてみてください。

 

 

計算ミスが減れば、数学のテストの点数は
これまでより上がると思います。

 

 

でも、他の教科の成績も
どんどん上げたいということであれば
効率よく勉強することが大切です。

 

 

勉強以外にも、部活や友だちと
遊ぶ予定だってありますよね。

 

 

中学生はただでさえやることが多いので、
時間を上手に使って必要なことを
効率よく頭に入れていかないといけません。

 

 

どうすれば成績を上げることができるのかは、
道山先生の成績アップ無料メール講座に
すべて書いてあります。

 

 

私の娘も、このメール講座を
参考にして成績が上がりました。

親が読んでも役立つ内容になっているので、
興味のある方はぜひ。

 

 

娘の成績を大きく上げた道山先生の詳細はこちら

 

 

次のページでは
理科の成績が上がる方法について
お話しします。
社会と同じように、
あっという間に80点台が狙えます!

 

 

理科の成績が上がる方法はこちら

 

 

成績が上がる方法一覧に戻る

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。