課題作文の書き方を知りたい方へ

上手に課題作文を書こう!

 

課題作文の書き方とは?

 

 

課題作文の書き方

予習の音読

高校受験では、
課題作文が出されることがあります。

 

 

都道府県によって
傾向に違いがあるので、過去問などで
あらかじめチェックしておきましょう。

 

 

テーマと文字数といった
条件だけを与えられて
ぶっつけで書かなくてはいけない
課題作文は、苦手だという人がとても多いです。

 

 

でも、ポイントさえ
押さえておけば誰でも
書けるようなります。

 

 

今回は、上手に課題作文を
書くための方法を紹介します。

 

 

テーマと基本

復習

課題作文のテーマには
いろいろなものがありますが、
世間で話題になっていることに
関するお題もよく出されます。

 

 

2020年の東京オリンピックに
関連するものや、輸入・輸出の
問題に関連するもの
などがそうです。

 

 

他にも、グラフが提示されて、
これを見て何が分かるか、自分は
何を思うのかといった
お題が出されることもあります。

 

 

まったく知識がないと書けないので、
新聞やニュースで日頃から
今どんなことが話題になっているのか
知っておいたほうがいい
です。

 

 

受験生はどうしても勉強以外には
無関心になってしまいますが、
勉強の合間など気分転換のつもりで

 

 

新聞を読んだり、スマホのニュースアプリを
チェックしておきましょう。

 

 

課題作文を書くときの基本の形は、
まず序文から始めて、本文、
結論という順で書き進めることです。

 

 

序文では、これからどんなことを
書こうとしているか
を簡単に述べます。

 

 

問題に対する自分の意見や
立ち位置を先に明確にしておくことで、
読み手に分かりやすい文章になりますよ。

 

 

本文では、いちばん言いたい
核となる部分
を、より具体的に
書いていきます。

 

 

結論では、熱意を込めて
自分の思いを出し切ると読み手の
印象に残りやすいです。

 

 

高得点が取れる課題作文は、
結論の部分でどれだけ読み手に
熱弁できるか
にかかっています。

 

 

大事なのは、自分の気持ちを
目一杯込めた、自分だけの文章を
書くことです。

 

 

上記のことを意識して書くだけで、
課題作文の点数はこれまでより
アップする
と思います。

 

 

練習すること

復習

課題作文は、
他のテストのような
覚えなければならないことが

 

 

ほとんどないので、
書き方さえ身につけておけば
高得点を狙えます。

 

 

でも、正しい構成で
分かりやすい文章を書くには、
それなりに練習が必要です。

 

 

書店へ行くと、課題作文の
参考書が売ってるので
一冊買ってみてください。

 

 

ルールを押さえた上で、
参考書に載っている例をひたすら
書いていきます。

 

 

最低でも5回これをやることで、
書き方の基本は身につく
思っていいでしょう。

 

 

自分で読み返しても、
修正点を見つけるのは難しいと思います。

 

 

なので、国語の先生や
家庭教師の先生などに
見てもらって文章を
どんどん良いものにしていってください。

 

 

練習すればするほど、
書く力は上達していきますよ。
課題作文の完成度に加えて、
合否を左右するのは内申点です。

 

 

どうすれば内申点を効率よく
アップさせることができるのか、

 

 

それは道山ケイ先生の
成績アップ無料メール講座で
紹介されています。

 

 

受験に役立つ内容が
いろいろ書いてある
ので
おすすめです。

 

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

関連ページ

国語編
国語の成績を上げるには、文法など「個別」に暗記をしても意味がありません!国語は母国語ですが、成績が上がらない理由は必ずあります。読解力をつける前に、確実に点が取れる方法を実行すべきなのです。
中学の漢字の覚え方
漢字を何回も書いて覚えるのはやめて、まずは読みを覚えましょう。5個1セットのペースなら、無理なく進められるのでおすすめです。単語帳を使うと効率も良いですよ。読めるようになったら、書く練習をします。分からない漢字はすぐ答えを見ていいので、一回だけ書くようにしてください。これを3回ほど繰り返せば、多くの人は覚えることができます。定期テスト対策なら、学校の教科書やワークの漢字に集中して取り組むのがいいです。
国語の長文読解のコツ
教科書の音読をすれば、接続詞が自然と身に付きます。問題集の答えを覚えてしまえば、定期テスト対策はばっちりです。受験対策の場合は、長文問題の解き方をマスターしましょう。問題集や過去問を使って、出題傾向を掴みます。自分に合った問題集を選ぶことが大事なので、現状で6割程度回答できるレベルのものを選ぶようにしましょう。また、解説が丁寧かどうかも重要で、長文問題の解き方を載せてくれてるものが、特におすすめですよ。
社会編
社会の成績が上がる方法といっても、暗記をするだけでしょう?という方は、すでに勉強法を半分間違っています。社会は地理や歴史など、分野によってコツが異なります。効率よく覚えるための、ポイントを抑えるべきなのです。
中学生の時事問題対策
社会や理科では、テストで時事問題が出されます。80点以上を目指すなら、対策をしておきましょう。やり方としては、新聞やスマホで情報を得るのがおすすめです。新聞は見出しだけでもさらっと目を通せば、ある程度はわかります。スマホのニュースアプリは要点がまとめられているので、時間がなくても読むことができます。
中学校の地理の勉強法
地理は、白地図を使って世界の国名や特徴を把握します。日本国内の産業や農作物も、同じ方法で覚えます。テストではグラフ問題がよく出るので、多くの問題を解いて出題傾向を掴んでおくのが肝心です。新しい問題集を買ってくるのもいいですね。受験では、文章の間違いを見つける問題がよく出るので過去問で対策しましょう。
数学編
数学の成績が上がると、面白いほどその後も順調に成績上位を維持できる教科です。つまり早いうちに数学をマスターする事で、受験を楽に迎えられるという利点があります。では、数学をどのように理解していけば良いのか、詳しく解説していきます!
計算ミスを減らすには?
計算ミスをなくすには、問題をすらすら解けるようにすること、途中式を書くこと、見直しをすることが大事です。すべてを実践するために、日頃から数学の学習習慣を身につけておくことと、見直しができるように時間に余裕を持って問題に取り組むことを意識しましょう。それだけで、計算ミスを大幅に減らすことができますよ。
理科編
理科の成績を上げる方法は、非常にシンプルだという事をご存じですか?理系の頭、というのは、中学時代には関係ありません。正しい勉強方法で、確実に点数を取りに行ける楽な教科なのです。正しい勉強法とは?!
英語編
英語の成績が上がる方法さえ分かれば、英語そのものの実力もグンとアップし、英検などの資格取得も容易になります。単語を暗記するばかりでは、英語は攻略できません。ポイントを抑える事で、段階的に点数が伸びていきます!
中学生が長文問題を得意にするには
長文問題は、短い文章の集合体なのであまり難しく考えなくてOKです。まず、英単語と文法をマスターすれば文章は読めます。学校で使っている問題集で対策できるので、テスト範囲の問題に重点的に取り組みましょう。受験は、自分のレベルに合った問題集を見つけて対策します。過去問もやっておくと、問題の傾向が掴めます。
英単語の学習法
単語帳を使うことで、効率よく覚えられます。日本語を見て英単語を答えるだけでなく、その逆もやるようにしましょう。知識が深まるので、忘れにくくなります。一回目で無理だったものだけ、二回目もやってみます。今度は、二回目も無理だったものだけを三回目と繰り返すことで、どんどん英単語が覚えられるようになります。
副教科編
副教科の成績が上がる方法は、いたってシンプルです。内申を上げる為にも、疎かにする事が出来ない副教科ですが、時間をかけていられないのも事実でしょう。つまり、効率的に、ピンポイントで対策を行えば良いのです!
毎日勉強を続ける方法
勉強する習慣がない人は、机に向かうことから始めましょう。タイマーをかけて15分だけ勉強し、次の15分は好きなことをして過ごしてOKです。これを繰り返すうちに、机に向かうことが習慣になります。机に向かえるようになったら、学校の宿題をしましょう。一度つまづくとあとから苦労するのが、英語と数学です。数学は教科書の例題を、英語は単語を調べておくことで予習になるので、机に向かったときにやるようにしてください。
小学生編
ここでは、中学生の土台となる小学生がやるべき勉強法にはポイントがあります。遊び、睡眠、宿題、習い事など忙しい小学生でも日々無理なくできる、効率の良い国語と算数の勉強方法を紹介しています。成績UPにお役に立ててくださいね。
音読勉強法の効果とは?
国語や英語の勉強で音読をすることは、内容が頭に入るだけでなく正しい文章構成まで身に付くのでおすすめです。テストに教科書の本文がそのまま出る学校なら、大きな時短にもなります。テストではいつも初めての問題が出される学校なら、受験対策用の勉強をします。音読も役には立ちますが、それだけでは足りないからです。
中学生の効率のいい勉強の仕方
毎日の生活で、無駄な時間がないか考えてみましょう。どんな人にも、一日は24時間しかありません。ボーっとする時間や好きなことに充てる時間を少しずつ削れば、勉強時間を今以上に確保できます。集中力を持続させるには、30分〜45分を区切りに休憩を挟むことが効果的です。休憩中は甘いものや、水分をこまめに取ることがおすすめですよ。集中力を途切れさせることなく机に向かうことができれば、勉強はかなりはかどります。
中学生の正しい勉強のやり方
教えられた勉強のやり方と自分なりの方法、両者の良い所を取ってベストな方法を見つけましょう。やる気アップにおすすめなのは気分転換です。思い切って丸一日出かけてみたり、スポーツをすることで勉強に集中できますよ。また、テストを頑張ればおこづかいが増えるなど、やる気アップにつながる理由を作るのも効果的です。
中学生の予習と復習
予習と復習は、授業についていくためだけでなくテスト対策にも効果的です。まず、文系科目の予習は音読がおすすめです。余裕があれば、漢字や単語の意味を調べておきましょう。理系科目は、教科書の例題を解くことで予習になります。復習は、英語以外の科目ならその日の授業で習った範囲の問題集をやっておきましょう。英語はテストまでになるべく本文を覚えたいので、日本語訳を見ながら英語に直せるように練習するのが効果的です。
成績が上がる勉強部屋
机に向かって勉強するとき、テレビやベッドが視界に入らないように家具を配置しましょう。気が散るのを防げるので、勉強に集中できますよ。また、照明はホワイト系にすると頭が冴えやすいです。寝る前は照明をオレンジ系に変えるか、少し薄暗くすることで頭がリラックスモードに切り替わるので、質の良い睡眠が取れますよ。
毎日勉強をするコツ
ここでは、毎日勉強するように習慣化させるコツをご紹介します。どれくらいの時間取り組めばよいのかや、勉強する内容についてなども説明しています。テスト期間に入ってから取り組むよりも効果的で簡単に成績が上がるようになりますよ!
ノートの取り方
ここでは、ノートの取り方についてまとめます。まとめ方を工夫するだけで高評価に繋がったり、テスト勉強をするときに見返すだけで理解できるのでノートの目的に沿って取り方を意識していきましょう。